遺品整理とは

遺品整理 とは

近年、遺品整理というワードが世の中でかなり知られるようになりました。遺品整理という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれませんが、詳しく説明できる方は少ないかと思います。本サイトでは、遺品整理について詳しく紹介します。

遺品整理とは、現在日本に広がり続けている、亡くなった方の遺品を整理することを目的とした仕事です。では、どうして遺品整理という言葉が広まっているのでしょう。

遺品整理という言葉が世に広まったのは、現在の日本に孤独死をする方が増加しているからです。孤独死というのは、高齢化や一人暮らしをする核家族化によって、自宅内にて一人で死んでしまうことを指します。一人暮らしの家庭で人が亡くなってしまうと身内の人間が遺品整理をする必要があります。

そうとは言っても、なかなか気持ちの整理がつかないでしょうし、そもそも遺体が腐敗して部屋に入れない可能性もあります。そのような場面で活躍するのが遺品整理という仕事をする方々です。彼らは、遺族の遺品を供養するという形で丁寧に整理し、腐敗によって汚れてしまった部屋を除菌・消臭します。このように困っている遺族を助ける遺品整理という仕事は、年々需要が増加しています。

人の最後に関わるこの仕事には、遺品整理士という資格があります。資格を取得していなくても仕事をすることはできますが、中には高額な請求をしてくる業者や不法投棄をしてしまう業者までいます。モラルの低下の是正を行い業者の健全育成をすることや、遺品整理を行う業者を増加させるため、遺品整理士認定協会が遺品整理士という資格を設立しました。

資格取得のための養成講座の運営や認定試験を実施し、資格取得者の増加を目指しています。遺品整理士の資格とは、一般社団法人遺品整理士認定協会が行う認定試験に合格し、もらうことのできる資格です。遺品整理を行う業者が少ない中で、高額な請求や不法投棄などを行う悪徳業者が発生しました。遺品整理士の資格が生まれ、料金や分別をしての処分やリサイクルなど、正しく業務を行うプロ遺品整理士として活動することができるようになりました。

しかし、遺品整理士を取得しなければならないという法的拘束力はありません。遺品整理士を取得していることで、遺品整理士認定協会のサービスを利用することは可能になります。2017年には資格の取得者が2万人を超え、今後も増えていくと予想されますが、取得するかどうかは自分次第です。遺品整理士になるには、遺品整理士認定協会が実施している遺品整理士養成講座を受け、その後試験に合格する必要があります。

講座は、協会から送られてくる教科書や資料集、DVDといった通信教材を用いて受講します。約2か月間の講義を受けた後、試験であるレポートを提出し、2か月後に合否が発表されます。一見、受講さえしていれば資格をもらえるように見えますが、しっかりと受講してレポートを提出しても、合格できるとは限りません。合格率は約65%とそこまで高くなく、約3人中2人の合格となっています。

遺品整理士養成講座以外にも、本屋さんなどで問題集を購入して勉強する人も多いです。遺品整理士は、受講に制限がないため、今後も多くの方が受講するでしょう。受講料は2.5万円とかなり安く資格取得に挑戦することができます。(認定手続き含む会費が2年おきに7000円かかります)必ず必要な資格ではありませんが、取得すればご遺族の気持ちをより理解し、供養の気持ちをもって仕事に取り組む遺品整理士になれるでしょう。

こちらでは遺品整理について紹介しました。ご遺族や故人の方を助ける遺品整理という仕事や遺品整理士という職業は、これからの日本にとってとても重要な仕事であることが分かります。遺品整理士の資格保有者を増やし、遺品整理という仕事の健全化がこれからも継続されていくことを期待しましょう。遺品整理に関する情報は特掃ジャーナルというサイトで詳しく紹介されているのでよければ参考にしてみてください。