遺品整理業者の選び方

故人やご遺族の想いを尊重し、供養という形で部屋の片づけを基本とした仕事を行う、遺品整理という仕事。片付けといっても、リサイクルやごみの分別、電気やガスといった公共サービス管理会社への報告、レンタル品の返却など多くの作業があります。さらに、遺体が腐敗してしまっている場合には、部屋を特殊清掃し、シミや悪臭を取り除き、現状の回復をする必要まであります。

このようにとても多くの仕事内容がある遺品整理という仕事の中で、業者選びはとても重要になっています。こちらでは、遺品整理の依頼において、業者選びをどのようにすればいいかを紹介します。

まず、遺品整理士という資格を持っているスタッフで構成されている業者を選びましょう。遺品整理士とは、本来はご遺族の間で行っていただく遺品整理を代行する、というお仕事です。遺品整理とは、故人の部屋の片付けや不用品の処分、その後の清掃を指します。故人の想いが残った品々を捨てるだけではなく、供養という形で取り扱います。

遺品整理士は、残された遺族のことを考え、遺品の取り扱い方や法規則などの知識を得ることができる資格です。資格を取得していなくても仕事をすることはできますが、中には高額な請求をしてくる業者や不法投棄をしてしまう業者までいます。モラルの低下の是正を行い業者の健全育成をすることや、遺品整理を行う業者を増加させるため、遺品整理士認定協会が遺品整理士という資格を設立しました。資格取得のための養成講座の運営や認定試験を実施し、資格取得者の増加を目指しています。現在も徐々に増え続けている遺品整理士の資格所有者に依頼することで、より丁寧な作業や価格設定、さらなる遺品整理士の増加を期待することができます。

次に料金をしっかりと記載している業者選びをしましょう。料金は、間取りや部屋の広さに合わせた一律料金の業者を避け、作業開始前に追加料金が発生しないことを念入りに確認しましょう。一律料金と聞くととてもシンプルで良い印象を持ちますが、なぜ選ぶべきではないのでしょうか。応えはとても簡単で、同じ間取りや部屋の大きさでも、まったく同じ部屋は存在しないからです。ゴミや家具が多いごちゃごちゃとした部屋よ、清潔感を保ち最低限の家具のみおかれている部屋、どちらも同じ料金というのはとても納得いきませんよね。一律料金は詳しい明細も書かれていないことが多く、人件費なども無駄に払っている可能性があるため、注意が必要です。

このように作業前に追加料金が発生しないかを念入りに確認するのは、見積もり時には安い料金を提示し、後からオプションとして高い料金を請求する業者が存在するからです。遺品整理の業者が急激に増え、他の業者への差別化を図ろうと価格競争を起こしました。限界まで下がりきってしまった値段にさらなる値下げをしてしまえば、赤字の恐れもあります。
それを恐れ、安い料金を提示し、後から多くの問題点が見つかったとして、高額なオプション料金を獲得するという悪徳な業者が現れました。これらの悪徳な業者に騙されないためには、細かい部分まで明細に記載し、追加料金が発生しないことを明文化している業者を選ぶことが重要です。中にはもともとの料金設定を全て高めにしている業者もあるので、相場をしっかりと調べてから申し込むことをお勧めします。

遺品整理の業者選びについて紹介してきました。
ほとんどはクリーンな業者ですが、中には残されたご遺族をだますような行為で高額な料金を請求する悪徳業者も存在します。依頼をする前に、本当に業者選びを間違っていないか、よく確認をして、正しい業者選びをしましょう。